tu 12
バリフとは
バリフとは、有名なジェネリック医薬品製造会社インドのアジャンタファーマ社に作られてきたED治療薬です。実は、レビトラと同様な成分バルデナフィルを配合して、レビトラのジェネリック医薬品です。それで、バリフの勃起不全の改善効果も期待できます。また、レビトラと比べて、バリフの一番目立つメリットはすごく安い価格で手に入れることができます。

バリフの効果と効能
バリフの効果と効能というと、バリフに含まれている主成分バルデナフィルは勃起に関係があるPDE-5という酵素の働きを阻害し、ペニスあたりの血管を拡張させる作用があります。それによって、陰茎海綿体への血行をよくさせるとともに、血流量の増加を促進することもでき、ED改善の効果を実現します。また、バリフは主にPDE-5に作用することを通して、勃起を促進する目的に達しますから、それで、バリフはPDE-5阻害薬とも呼ばれています。

また、バリフは勃起を促進すると同時に、勃起の持続時間を延長することもできるために、早漏防止にも有効です。

バリフの服用方法
バリフの服用方法もレビトラとほとんど同じ、性行為の約30分前に1日1回で、1錠を水で服用します。バリフの有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい特徴がありますから、バリフを服用してから、大体15~30分ぐらいで効果が出てくることができます。

また、バリフの具体的な服用量について、市販の認可されているレビトラの規格は10mgと20mgという二種類があります。それで、バリフも10mgと20mgという二つの規格で、しかし、一番よく見られているのはバリフ20mgです。バリフの1日の服用量は1錠で、即ち、バルデナフィル10mg、あるいは20mgという意味です。20mgは限度量とされて、個人の状況によって、半錠の服用もいいです。バリフの規格によって、効果の作用時間は10mgの場合は5時間程度、そして20mgの場合は8時間~10時間程度です。

他には、バイアグラと比べて、バリフの効果は食事やアルコールに影響されにくいと言われていますけど、最大限の効果を得るために、空腹時で服用したほうがいいと考えられています。また、硝酸剤、抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬などの薬はバリフの併用禁忌薬ですから、バリフと一緒に利用しないでください。

バリフの副作用
バリフの副作用はおもに頭痛、ほてり、めまい、吐き気、消化不良、動機、鼻づまりなどの症状があります。通常の場合、正しい用法と用量を守れば、重篤な副作用が起こることが少ないですから、安心して利用できます。もし、何かの不快感を実感できる場合、医師にご相談ください。

オススメ:レビトラ・ジェネリック|激安通販|ED治療薬